読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

椰月美智子

消えてなくなっても 椰月美智子

あらすじ 不思議な力を持つ鍼灸師・節子 彼女のもとには様々な患者が訪れる 「あおの」と「つきの」もその内の一人 あおのは得体の知れない恐怖に突如襲われる病 つきのは、付き合ってた彼氏にふられてむしゃくしゃしているところを、節子に拾われた それぞ…

純愛モラトリアム 椰月美智子

様々な年代・職業の人々を主人公にした恋愛短編集 なんだろう、モテる人はズルイと思う。 軽い気持ちで人の心をもてあそんで。 気軽い同士ならいいかもしれないけど、片方が本気なら悲しいし悔しい。 前半、「やさしい太陽」と「オオタニくんの不覚」の感想…

シロシロクビハダ 椰月美智子

化粧品、研究部に所属する箱理と家族を描く。 なんといっても話の肝になるのは、タイトルにもなっている祖母の白塗りだが 箱理と祖母にしか見えない、箱理の想像上の動物タコリであるとか すこしマイペースな箱理自身の世界観も見どころ。 本編とは関係ない…

ダリアの笑顔 椰月美智子

とある家庭、綿貫家のそれぞれを主人公に語る短編集。 以下あらすじと感想(ネタバレ)