読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

【青空文庫】源氏物語まとめ一覧【末摘花まで2017.2.6更新】

当ブログ内での源氏物語の記事をまとめました。末摘花まで。2017.2.6更新

【青空文庫】源氏物語 末摘花

末摘花(すえつむはな)は古語でベニバナの意味 源氏が名付けたあだ名(悪い意味で) 源氏物語 末摘花 紫式部著 あらすじ 夕顔を亡くし、いまだ思い続ける源氏 だが、他にいい人がいないか模索する日々 大抵は、短い手紙を送っただけで簡単に好意を持ってく…

【青空文庫】源氏物語 若紫

ついに、幼女育成計画開始!? 源氏物語 若紫 紫式部著 あらすじ 源氏は瘧病わらわやみという熱病にかかり、さる寺へこっそりと療養ヘ行った。 3月の30日のことであった。 衣なども質素にして、お忍びで行ったつもりであったが 僧はお見通しで、喜んで迎え入…

【青空文庫】源氏物語 夕顔

はかない恋、夕顔 源氏物語 夕顔 紫式部著 あらすじ 従者惟光の母親でもあり乳母でもある人の見舞いに行った所 夕顔という白い花を見かける 気に入った源氏が随身に取りに行かせた所 その家の子どもが、そのままだと不格好だと言って、白い扇にのせて渡して…

【青空文庫】空蝉

源氏物語 空蝉のあらすじと感想です。前章帚木から続く話で、空蝉と源氏の物語です。

源氏物語 帚木 02 紫式部

源氏物語 紫式部 帚木のあらすじと感想です。『雨夜の品定め』とも言われているこの章では、男たちの恋バナに花が咲きます。一方の光源氏はと言うと・・・

源氏物語 桐壺 01 紫式部

あらすじ のちの光源氏を生んだ母と、父の物語 貴族の生まれではないが、帝に愛されて、桐壺というところに住んでいた女性がいた あまりにも帝が桐壺の更衣ばかり寵愛するので、桐壺は嫉妬されていた そんな桐壺に男の子が生まれる とても美しくまた聡明であ…

銭形平次捕物控 金色の処女 野村胡堂

言わずと知れた銭形平次の物語第一弾 あらすじ 三代将軍家光が何者かに命を狙われた 鷹狩をしていた家光を、矢がかすめたのだ しかもその矢には『トリカブト』が塗ってあった その犯人を平次に突き止めてほしいと 奉行所の笹野に頼まれる 感想 短編(19ペー…