【青空文庫】源氏物語 夕顔

はかない恋、夕顔 源氏物語 夕顔 紫式部著 あらすじ 従者惟光の母親でもあり乳母でもある人の見舞いに行った所 夕顔という白い花を見かける 気に入った源氏が随身に取りに行かせた所 その家の子どもが、そのままだと不格好だと言って、白い扇にのせて渡してくれた 見舞いの後、扇をよく見てみると、きれいな字で和歌が書い…