読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

ダリアの笑顔 椰月美智子

とある家庭、綿貫家のそれぞれを主人公に語る短編集。

以下あらすじと感想(ネタバレ)

 まず1編目。表題作である「ダリアの笑顔」は小学6年生真美が主人公。

内気な自分がいて、明るく元気な同じクラスの早紀に憧れている。

本当は生まれる予定が4月10日で、その予定日が誕生日の早紀に親しみを覚える。母親が大きな声で呼ばれる度に、自分が叱られているような気がしたり。また、母親と父親が喧嘩をしていても、自分が悪い子なせいと責める。

けれども、ゴミに捨てるはずだった自分の母子手帳を見つけてから、気持ちに変化があって・・・

 

わかるなぁ なんとなく真美の気持ち。親の方は親で仕事が忙しかったせいでピリピリしてて、子どもにかまってあげられなかったりする。自分の行動は親の感情とあまり関係なかったりする。のにビクビクしてしまう。

だからね、母子手帳を読むくだり、ちゃんと愛されて生まれてきたんだよ~ってのが伝わって良かった。

 

家族それぞれにドラマがあって、日々を生きているというのがよく分かる作品でした。

ダリアの笑顔

ダリアの笑顔