広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

風のベーコンサンド 柴田よしき

女主人公が高原でカフェを営む話・・・だけではないのが見どころ。

 

以下感想ネタバレ

 

柴田さんで食べ物系と言えば、ばんざい屋シリーズですが

今回はカフェとあって、ちょいとおしゃれな食べ物が出てきます。

中でも、素性不明の男性・田中さん(仮)が注文したベーコンサンドは

読み終わった中で一番美味しそうに思えました。

脂をきらないでパンにのせた、ただそれだけのベーコンサンド。

カリカリベーコンではなく、さくさくベーコンの味。

機会があったら食べてみたい一品です。

 

このお話、ただカフェを経営して、周囲の人と馴染んでいくというものではなく

女主人公にも抱える問題がありました。

それは前夫、正式に言えばまだ夫の彼について

恋愛中は恋をしていて気付かなかった、欠点が結婚後、同じ家で暮らす中で浮き彫りにされてきました。

それが、女主人公がには耐え切れず、離婚を申し込むのですが

夫の方は全く自覚がない

無自覚で人を傷つけるのは、それも好きな相手に

どうなんでしょうねぇ

そういう癖がある、と見抜くのはなかなか難しいです。

 

でも、最後はハッピーエンドに終わったので安心しました。

 

風のベーコンサンド 高原カフェ日誌

風のベーコンサンド 高原カフェ日誌