広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

自分のことは諦めていた姫の成長物語:牛姫の嫁入り

想像以上にいい話だった

題名から推測するに、牛姫と呼ばれる姫が嫁ぎ先で何かをする話かな

と思っていたら全く違って

まず、はじめの段階では嫁がない

話のあらすじはこう

貧しい旗本の加納家は逆玉を狙うべく、美女と名高い藤代家の重姫を誘拐し加納家の顔だけが取り柄の跡取り黒光とお見合いさせようと、忍びのコウと森市に依頼をした。

いざコウと森市の二人が藤代家の屋敷に忍び込み、重姫を誘拐しようとするがそこにいたのは美女と名高い姫ではなく牛のように太った姫だけだった。

コウは1ヶ月で姫を美女に仕上げるかわりに、見合いをして欲しいと藤代と頼む。

果たして、重姫は1ヶ月で美女に生まれ変わるのか・・・

 

いつもタイトルに書いたように、自分のことを後回しにしていた姫が

コウとの特訓の成果でラストに下した決断が安心した

今までどおりの姫ならそこで自分の気持を封じ込めて、他人を思いやってたから

もしかするとこの大事な決断でもそうしてしまうのではないかと内心ヒヤヒヤしていた

それに相手もよかった。相手の位も位だけに無理やりしてしまうこともできたのに、そうしなかったから

 

重姫の父親は、ツンデレだと思った

ラスト、ザクロの種を植えながら言ったセリフとか、その後家老に託した物とか

重姫があれだけ太ってしまった理由も、悲しい

こっちをむいて欲しいがためだけのためにさ

重姫が育った環境は良かったんだか悪かったんだか

みんないい人達なんだけど、甘やかしすぎたというか

それもコウのおかげで気づいたのは良かった

 

黒光の目も確かで万々歳、よっ 流石女好き!

結末はハッピーエンドでめでたしめでたし

 

 

牛姫の嫁入り

牛姫の嫁入り