読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

アゲイン 村山仁志

ラジオ局シリーズで幽霊に関する話を書いていた村山さん

ついに幽霊視点のお話が出来たか

という読む前の印象

以下あらすじと感想

 

あらすじ

目覚めた時、自分が何者かも分からずてっきり生きていると思っていた主人公

だが、人が自分の体を通り抜けたり、周りの人にいくら話しかけても通じないことから

自分が幽霊になってしまったことを悟る

覚えているのは「今日が特別の日」と「愛する家族がいる」ということだけ

その他の情報といえば、自分が身にまとっている物

キャリアウーマン風のスーツ、アウトドア使用のデジタルとアナログ表示される腕時計

腕時計は午前8時10分を指し、日付は7月✕✕日つまり今日の1ヶ月まえが記されていた

 

なにか自分を思い出す手がかりがないか、地道に行動範囲を広げていくが・・・

 

感想

読み終わった後にタイトルの意味を知って、あの感動は何だったんだろうという思いと、あぁこれで良かったんだと言う思いがせめぎ合っていた。

 

でもよくよく考えてみると

『もうひとつの世界』と副題があるし

幽霊になった主人公がいた世界と、『もうひとつの世界』はパラレルワールドであって

それってつまり、うーむ

 

「今日が特別の日」というのは『もうひとつの世界』がないと説明つかなかったし

何度も彼が悔いてた原因もわかった

とっさに必要ないんじゃなんて思ってたけど、重要な章だった

 

 

アゲイン~私と死神の300日~ (TO文庫)

アゲイン~私と死神の300日~ (TO文庫)