広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

ビオレタ 寺地はるな

あらすじ

突然婚約者にふられた妙

雨の中しゃがみこみ、泣いていると声を掛けてきた女性がいた

それが、『ビオレタ』の店主菫さん

彼女に導かれるまま店で介抱され、しまいには何故か店で働くことに

菫さんが手作りした、かわいらしいキラキラした雑貨たち

それと、棺桶

菫さんと関わることで何かに気づき始める妙

 

感想

 「棺桶」という単語の本の紹介文に引き寄せられて

手にとった本

結果的に、「棺桶」はメインの話ではなかったけれども

名脇役的な位置にはいたと思う

菫さんに関わることで、見えてきた自分の足り無さ

婚約者にふられた理由とか、仕事のこととか

性格的な面もそう

妙の成長物語でもある

 

第四回ポプラ社小説新人賞受賞作

 

ビオレタ (一般書)

ビオレタ (一般書)