広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

下鴨アンティーク アリスと紫式部 白川紺子

あらすじ

祖母に「開けてはいけない」と言われていた蔵の着物が気になって、開けてしまった主人公・鹿乃

着物を虫干ししていたら、ある着物から物音がして、気付いたら着物の柄が変化していたのだった

近所に住んでいた持ち主を訪ねて詳細を聞きに行く

 

表題「アリスと紫式部」を含む3編の物語

 

感想

この小説は、集英社オレンジ文庫というもので

公式によると、ライト文芸レーベルらしい

なので、比較的軽い読み物である

登場人物たちも、個性豊かで

祖母の着物を日常的に着こなす、高校生の鹿乃

下宿人で准教授、兄の友達・慧

黙っていれば白皙の美少年、ぐうたらの兄・良鷹

という面子

 

内容は、ミステリーという位置づけらしいが

着物にまつわる不思議な出来事が起こるから、ある種のファンタジーとも言えるかも

着物好きにはおすすめのシリーズ作品

 

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)