読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

ホワイトタイガーと少女が呪いを解くファンタジー

白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ1作目

あらすじ

両親を亡くした少女・ケルシーは夏休みの間働ける場所を探していた

相談所で紹介されたのが、サーカスでのバイト。2週間限定の虎の世話と雑用を住み込みでやるというもの。

初めてホワイトタイガーのディレンを見た時、特別な感情が湧き困惑するケルシー

ディレンにどこか惹かれ、「レン」という愛称を付け、何かにつけてはレンのそばで

日記を書いたり詩を読んだりしていた。

ところがある日、紳士風の男性がサーカスを訪れ、レンをインドの保護施設で暮らさせたいと申し出があった。

インドまでの輸送に何故か、ケルシーまで同行することに

その際中、レンとケルシーはジャングルに置き去りにされ・・・!?

 

感想

とっても残念なのが、2作目までしか刊行されていないということ

原作は4作あるので是非とも続きが読みたい所なのだが

どうなんでしょう ヴィレッジブックスさん・・・

特設サイトを当初は設けたくらいだしなぁ

 

肝心の本の感想

まぁ モフラーとしては大変満足できる

ケルシーうらやましい

本来は人間だから、万が一にも襲われる心配はしなくていいはずなので

存分にもふられる訳で

実際、レンから甘えられるというか、もふもふしている

 

設定も、本来はインドの王子様とのラブストーリもあり

謎解きもあり冒険あり

全編で577ページもあるけども、飽きさせない作りになってるはず

 

翻訳物で、途中で翻訳されなくなる本は結構あるのだろうか

あるのだとしたら、残念だなぁ

原著で読めるようになれば良いけど(遠い目) 

 

白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ#1 (タイガーズ・カース・シリーズ # 1)

白い虎の月 タイガーズ・カース・シリーズ#1 (タイガーズ・カース・シリーズ # 1)