読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

源氏物語 帚木 02 紫式部

あらすじ

源氏と仲の良い頭中将とうのちゅうじょうが、源氏に宛てられた女性の手紙を読んでいると

左馬頭さまのかみ藤式部丞とうしきぶのじょうがやってきた

手紙を読んだ流れから、どんな女性が良いかという話題になり

それぞれの恋愛話に移る

家柄がよくても、性格がよくなかったり

性格が良くても、家柄がよくなかったりするので

左馬頭は「まじめで素直な人を妻にするべき」だという

 そんな左馬頭は過去、容姿は悪いが何かと気がつく妻がいた。だが、その人一筋とは考えておらず、他にも恋人がいた。そのせいで妻は嫉妬し、その嫉妬が煩わしい左馬頭は「嫉妬さえしなければ、良い夫でいるのになんで黙っててくれない」と言った。妻は「我慢しさえすればいいとおっしゃるなら、別れるまでです」と言って家を出ていった。左馬頭はどうせ別れられるはずもないと、手紙もよこさず家にも帰らず好き勝手していた。ある日、家へ戻るとまるで自分を待っていたかのように、着物も温めて寝る準備もしてあったので、妻がいるだろうと期待していると妻はいなかった。それどころか「一夫一婦にならない限り戻らない」と言う。そう言われても左馬頭は断固として譲らずいると、妻は精神的にまいって亡くなってしまう。

今思えば、仕事のことも話せたし、家庭のこともきちんと成し遂げていた妻が恋しそうであった。

 

 次に頭中将の話

それほど長い関係になる予定もなかったが、馴れると惹かれ、たまにしか通わないが女の方も自分を信頼するようになった。

極たまにしか通わないのに、それについて文句も言わず穏やかな人だった。そのことについて中将の家のものに嫌味を言われて、中将自身も通わず手紙もよこさずいると歌をおくってきた。「時々には情けをかけて下さいな。この撫子の花(我が子)の上に」と

いざ会ってみると、特に恨みもせず穏やかに接してくれるので安心して帰った。が、しばらく通わずにいると消えてなくなってしまった。

 

源氏はその話に加わろうともせず話を聞くだけで、藤壺の宮に思いを馳せていた。

左大臣の家に帰って休もうとするが、中神の通り路になっていて駄目だと言われ

家従の紀伊きいのかみの家に泊まることとなる。

紀伊守の家には父親伊予守いよのかみの後妻で紀伊守の妹がおり、先だって話題になってた娘に会いたい思いだった。

その夜中々寝付けない源氏は、娘の居る場所を探って、冷ややかな応対をされるも構わず口説き一夜を明かした。

 

感想

与謝野晶子訳は和歌の解説があんまりないので、少し残念。

和歌の意味を知ろうとしたら、瀬戸内寂聴訳とかを読んだほうがいいのかもしれない。

 

この話は、梅雨の頃また五月雨が降っていた時の話からか

『雨夜の品定め』とも言われているそうな

いわゆる、男たちの恋バナだろうか

あぁでもないこうでもないと

自分たちのことはさておき、女性のことについて花が咲くのは

いつの時代も変わらないのかもしれない

 

肝心の光源氏だが

初めての相手なのにいきなり人妻選んじゃう所が凄い

『自分が人妻じゃないときに出会っていたなら、答えられたかもしれないけども、今はもう駄目です。』

と言って断られているのにも関わらず

泣きながら、『今後どうやってあなたと文をやり取りすればいいのだろうか。今夜のことだけをいつまでも思いながら泣けばいいのか』と答えてしまう。

その後も、娘の弟を使って手紙を送って返事を貰おうとする

女の方はなんとしても返事はよこさない考えで、しまいには居場所も別のところへ移動してしまう。

 

ところで、この題名の「帚木」ははきぎ

だけども、最後の歌にしか出てこない

意味は

近づいても逢ってくれない人、逢えそうで逢えない人の喩え  wikiより

 だそうな

なるほど、女の人を例えた名前だね

桐壺もそうだったけど、通称みたいな感じかな

 

 

源氏物語 02 帚木

源氏物語 02 帚木