広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

童話物語

童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)

 

『童話物語 向山貴彦著』のあらすじと感想

甘くないファンタジー小説

あらすじ

妖精のフィツは、人間世界で初めて出会った人間を9日間観察する

という名目を受けて人間世界に降り立った

妖精が病気をもたらす不吉な存在と言われる世界

そこで出会ったのは、ペチカという少女

親も兄弟もおらず、教会で働きながら生活している

ただ、フィツが観察しようとしても、ペチカには「呪われる」と言われ邪険にされる始末

誤解を解こうとするが、一向に相手にしてくれるどころか、「あっちへいけ」だの「死んじゃえ」だの言われ続ける

フィツの存在が周りの人間に見つかった時、ペチカもフィツも危険な目に会う

そんな時、ペチカがみせた行動とは・・・

 

感想

文庫本のあらすじには

極めて性格の悪い少女ペチカ

 と書いてあって、どんだけ性格が悪いのかと思えば

周りのすり込みと、いじめられていることの反動で悪くなった部分が大きいと思う

それに一人で生きていかなければならない環境とか『飢え』とか

現代の日本で、普通に両親も健在なら、きっとペチカも普通の女の子だった筈

多少素直じゃなくとも

 

妖精のフィツのほうは、これまた根気がいる仕事というか

重大な仕事を任せられるだけの人格があるかも

 

童話物語、とあるように

童話がキーポイントとなるのだろうけど

要は良い存在と、悪い存在の対立とか対比

この童話物語では、フィツが良い側でヴォーが悪い側?

まだ上巻しか読んでないけど現時点ではこんな感じかな

あとは、母の存在。

ペチカにとっては母が全てと言うか

幼いころに母を亡くして、それっきり独りぼっちだから

まだ母が恋しい年頃だよね

母の写真がペチカにとって何よりの宝物

 

結果的に、追い出されたような恰好になったけど

ペチカにとっては良かった

あの教会にいても得るものはなさそうだし

 

気になるのが2つ

一つは、いじめっ子のルージャン

物語において、名前のある脇役というのはそうそう居ないと思うので

おそらく下巻あたりで活躍してくれるんだろうけれども

まだ、ペチカと合流していないのでなんとも言えない

はるばるペチカを追って一人?で来ているけども

嫌い嫌いも好きの内なのでしょうか

 

あとは、おばあちゃんとロバ

目の見えないおばあちゃん

ひとつもセリフはなかったけれど

ペチカの心に大きく影響を与えた人物

初めてペチカが人の優しさに触れた人でもある

その後が気になる