広く浅く

広く浅く

本の感想。ジャンルは文芸・ファンタジー・SF・ミステリ。ほのぼの系が好き

広く浅く

外伝短編集(彩雲国物語 朱にまじわれば紅 雪乃 紗衣)

彩雲国物語 朱にまじわれば紅 (角川ビーンズ文庫)

彩雲国物語 朱にまじわれば紅 雪乃 紗衣

 

外伝短編集

 

あらすじ

幽霊退治大作戦!

劉輝が王になってばかりの頃

府庫に幽霊が出ると府庫の主・邵可が絳攸に言った

大好きな邵可になにかあってからでは遅いと、その日から寝ずの番を楸瑛と共にすることにした

幽霊の好物である饅頭を置いて待っていると・・・

 

会試直前大騒動!

会試直前、秀麗は姮娥楼の胡蝶の元に暇乞いをしに来ていた

そこで、ちょっとばかし記憶のとんだ少年・影月に出会う

楸瑛に連れてこられた影月は何故か少し記憶がなく、自分が姮娥楼に居ることも分かってなかった

しばらく姮娥楼に滞在したらいいという胡蝶のすすめを断り、秀麗の家に居候することになる

秀麗の適性試験合格祝いにとごちそうを店で食べることとなった

が、人混みではぐれた時にごろつきに絡まれ、影月は文無しになってしまった

 

お見舞戦線異常あり?

秀麗が寺子屋で子どもたちを教えている時、柳晋がふざけて木に登る

それをしかろうと秀麗も木に登ったが、足を踏み外して池に落ちてしまう。それも

真冬の池に

風邪をひいた秀麗

あわてる邵可が生姜湯を作ろうとするが、毎度のごとく台所が惨事に

静蘭が後片付けをしているところに、楸瑛と絳攸が野菜片手に見舞いにやってくる

人手が出来たと、こき使う静蘭

また、叔父の黎深と奇人がやってきて秀麗を見舞う

そこへ柳晋の父親がまだ帰ってない息子を探しにやって来た

真冬の中どうやら山に行ったらしい

静蘭と楸瑛・絳攸らが山へ探しに行くことに

劉輝もやって来て、誰も居ない秀麗を看病するが・・・

 

薔薇姫

王宮で執務をする劉輝

秀麗を思い出し感傷に浸っている

劉輝を気遣って珠翠も二胡を弾いてやる

そうして思い出す秀麗との日々を、薔薇姫の物語を

 


===

感想

陽月が影月の頼りなさを見事にカバーした

よくやった

確かにちょっとぼーっとしてる影月に重要な木簡を持たせていたら無くしたかも知れないね

陽月ナイス

でも盗まれたか、落としたか、と思っている時はヒヤヒヤしたね

そうかー秀麗は適正試験を受けたのね

いきなり会試受けるんじゃないんだね

1年かけてテストを受けた人だけが会試受けられるんだね

急いだ甲斐があった?

 

劉輝よく踏ん張った

理性を保って偉いっ

優しいね劉輝

だから秀麗は結果的に劉輝を選んだ

優しさの勝利かな

でも劉輝の胸中が切ない

し秀麗が劉輝の想いを受け入れられないのも知ってるからこちらも切ない

だけど結末を知ってるから

それでも切ないけどね

 

薔薇姫って秀麗の母のことだったかな?

邵可が一目惚れして連れ去った

なんで母も秀麗も体が弱かったのかを理由を忘れた

けどそのせいで子どもを授かれなかったような

授かっても産めるかどうかって感じだったよなー

最終巻がビーンズ文庫じゃなくて単行本なのもその辺りが影響してるのかなー

あんまりハッピーエンドとは言えないもんね・・・(泣)

再び朔洵!(彩雲国物語 漆黒の月の宴 雪乃 紗衣)

彩雲国物語 漆黒の月の宴 (角川ビーンズ文庫)

彩雲国物語 漆黒の月の宴 雪乃 紗衣

 

再び朔洵!

 

あらすじ

未だ州牧として任についてない秀麗と影月

金華で由官吏とともに事後処理に追われていた

州牧赴任期間のうちに茶都へたどり着いていないといけないのに、である

茶都・琥璉に入らなければ州牧として役目を果たせない

なんとかして琥璉へ行かなければならないが、秀麗達が取った行動は強行突破であった

そして秀麗・影月・燕青・静蘭、全商連の紫彰が加わり琥璉へと向かう

検問を突っ走り、たどり着いたのは紫彰の姉・凛の邸であった

そこには凛からの手紙があり、おまけに茶家から茶家当主就任の儀を行うための招待状が届いていた

朔洵に蕾を取られたままの秀麗は、その招待を受けることにして

迎えに来た朔洵と共に茶家へと赴いた

 


===

感想

悠舜の正体わからんかったー

足が悪いという情報だけで悠舜を判断してたから

でも一応、椅子に座ったまま、燕青が甲斐甲斐しく世話してたって描写はあったけど

見事に騙されたww

 

初登場の春姫

想い人の克洵を助けに向かって

自分が殺したと思って呆然としている克洵を一括する姿は圧巻

女は強い

声に力があったのね

それで声を出さないでいた

克洵も優しい人だね

折っては可愛そうだからって根っこまで引き抜いて花を持ってきて

その後、また植えたって優しい

そんな人がいくら薬で朦朧としてたとは言え、父親や祖父を殺すかな

確かに結果的に殺してはなかったけど

 

最後はやっぱり朔洵かな

自分の存在が邪魔だと気付いて、秀麗にとって

だからって自殺しようとしなくても済んだ

秀麗を試すような真似して

おまけに看取ってもらって

どれだけ秀麗に傷をつければ気が済むのか

相手を傷つけることしか出来ないなら、潔く立ち去れ

トラウマになっちゃうよ秀麗

出番だ劉輝!

 

秀麗は朔洵に関して、愛でも恋でもないと感じていたみたいだけど

外から見れば、恋してた

引っ張られてたのかも知れないけれど

心を奪われていた

悲しいことに

劉輝は優しすぎる

でも結末を知ってるからこそ

劉輝の優しさがあってよかったと思える

能力を持つはずのない奴隷階級の少女が発揮した力!(レッド・クイーン ヴィクトリア・エイヴヤード)

レッド・クイーン (ハーパーBOOKS)

レッド・クイーン ヴィクトリア・エイヴヤード

 

能力を持つはずのない奴隷階級の少女が発揮した力!

シリーズ1作目

 

あらすじ

奴隷階級のレッドである少女・メア・バーロウ17歳

もうすぐくる18歳の誕生日になると徴兵される国・ノルタに住んでいた

今日もメアは生活の手助けにとスリをしていたが

家族はいい顔をしない

妹のジーサは手先が器用で、シルクの織物をシルバー達に売っていた

兄のブリーとトレイミー・シェイドは皆レイクランドと戦うため徴兵されていった

シェイドから無事だという手紙が届き、家族は喜ぶ

そこへ友人のカイローンが訪ねてきた

師匠が死んで自分が徴兵されるということを伝えに

そこでメアは馴染みの商人に、人の輸送ができないか尋ねてみることにした

すると<スカーレット・ガード>のファーレイという女性がひとり千クラウンで手を打とうと言ってきた

大金を獲得すべくメアはシルバーの居住区に忍び込み、スリをして金を稼ごうとするが、事件が起こりそれどころではなくなってしまう

スカーレット・ガードの一味が首都をテロした

あまりの事実に困惑するメア、逃げようとした時妹ジーサが馴れない手付きでスリをして見つかってしまう

手を拳銃のグリップで砕かれたジーサを送り届け

スリに出かけるメア

そこでひとりの男・カルに出会う

カルはメアに1テラトーチを差し出したのだった、一体なんの目的で???

あくる日、家にいたメアに王宮から使いが来てメアは王宮で働くことになった

そこで目にしたのは、第一王子のカルだった

カルの婚約者を決める決闘クイーンズトライアルが開かれ次々と挑戦者が立ち並ぶ

金属をマグネットのように自在に操れる能力を持つ、クイーン有力候補エヴァンジェリンが戦った時

メアも巻き沿いになった

が、突然芽生えた能力・雷の力によって助かるが・・・

 


===

感想・ネタバレ

ファンタジーとアクションと陰謀とクーデターと恋愛

 

長い

ハーパーコリンズの本は長いのか?

毒見師イレーナも同じくらいの長さだった

面白さ、夢中具合はイレーナに軍配が上がるかな?

 

恋愛面では、最初カルとどうにかなったら嬉しいと思い

読んでたら、スカーレットガードの一味を拷問する指示を出してて無慈悲な感じがした

それに比べて第二王子のメイヴンは優しくて、気遣いがあって

次第にメイヴンに好感を持つようになったのにも関わらず・・・!

最後のどんでん返しだよ

なんだよメイヴン、味方のフリして騙してたなんて

王座が欲しかった、可愛がられてたのはカルだけだって嫉妬してさ

メアも好きでもなんでもなくて、利用してただけだなんて

あのときめき返せ!!

でも怪しいと言えば怪しかった。不自然だった優しくするのが

そこで疑いを持っていればよかったんだね

 

アクション面では

ファンタジーらしい能力。メアの雷を自在に生み出し操る能力

王妃の思考を読んだり、相手を操ったりする能力

王子二人の炎を操る能力。ただし生み出す力はない

とか、エヴァンジェリンの金属を自在に操る能力

あとは、水、氷、石、相手の能力を無効化する能力もあった

バトルシーンも多々あり

 

あとはクーデター

一回ファーレイが捕まって、逃がすためにメアとジュリアンが協力して逃がすところはドキドキした

それで、逃がす現場にメアの血が残ってしまって

レッドの人間は血液のデーターベースがあるってそれで誰だ分かるってなったときはヒヤヒヤした

結果、メイヴンが手を回してメアのデーターを削除するようにしたけど

これって結局自分のために利用するからそういう助言をカルにしたんだよね

ヒヤヒヤして損した気分

 

ジュリアンが言ってた、レッドでありシルバーであるメア

シルバーより強い能力を持っている人が、他にも居る・・・なんて

次巻の登場人物をチラ見したら、ニューブラッドって説明書きしてあったからわからなかったけど

そういうことね

しかも、メイヴンが国王になって、カルは元王子になってしまった

カルに国王を殺させるなんて、王妃も酷いことさせる

トラウマなっちゃうよ

あーでもどうだろう、前線に出るほどの持ち主だからタフかも知れないカル

 

それで処刑される現場から見事逃げ果せたカルとメア

待っていたファーレイとカイローンに助けてもらって次巻へ続く

死んだと思ってた兄シェイドとも再開して

てか、シェイドはなんの能力?テレポートしたってあったけどそういう系?

 

3巻まで刊行されてるけど何巻で終わりかな?

読みやすく面白い実話(出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田 菜々子)

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田 菜々子

実話

 

あらすじ

夫と離婚しようとしている女性が、一人暮らしをはじめて

Xという出会い系サイトに登録

10年間ヴィレッジヴァンガードに務めている経歴を活かし

本好きのため出会った人におすすめの本をすすめていく話

 

最初のうちは本当に、やるかやらないかみたいな目的の人が出てきたが

そういう人を見分ける方法を同性の女の子に教えてもらい

避けるようになってからは、まともな人と出会って話をして本をすすめるということをしていた

 

だけど完璧にとはいかず

中には、こちらに興味を持っておらず話が続かない人でその人のことがわからず

本が勧めにくかった出会いや

出会った時は普通だったのに、後から自分が主人公のポルノ小説を読まされて感想を聞いてくる男性もいた

 

そんな出会の中で

人脈を構築し、友人も増え

新たな仕事を探すまでの1年間を描いたエッセイ

 

===

感想

なんか出会い系サイトというからもっとやばめな内容を想像していたけど

案外まともな人が出てきたから驚き

 

男女の友情は成立する(このエッセイにおいては)

やるかやらないか自由に選択できるけどしないという状態で

いつでもやれるという保険を効かせておいての友情

 

その道に詳しい人にすすめる本は難しそうだった

どれも読んでたから

それに相手に興味がない人も

何しにきたの?って感じだったな

 

それでも小さな書店に就職して

このエッセイが連載されてた当時、はるばる新潟だっけ?やってきたファンのひとにすすめた話が印象に残る

こういう出会もあるんだなってほっこりというかしんみりというか

複雑な感情

 

自分が主人公のポルノ小説を送ってきた人は確かに嫌気がさすね。

中にはそういう変態もいるということだ

そりゃそうだよなー

千差万別

 

でも1年もやり切って凄いなぁと単純に思う。

人見知りだったら出来なかったチャレンジだね。

海にまつわる短編集(夜空に泳ぐチョコレートグラミー 町田 そのこ)

夜空に泳ぐチョコレートグラミー

夜空に泳ぐチョコレートグラミー 町田 そのこ

海にまつわる短編集

 

あらすじ

カメルーンの青い魚

お団子を啓太と食べてる時に、差し歯が取れた

なぜ差し歯になったかと問われると、昔けんかを止めた時に折ったのだという

けんかとは無縁そうなサチコに驚く啓太

サチコはその時を回想した

2つ年上の幼馴染、りゅうちゃん

けんかをしていて、相手がそれ以上殴ったら死んじゃうかもと思って止めに入ったサチコ

それ以来サチコの前ではけんかをしなくなり、さちこからも遠のいていった

 

夜空に泳ぐチョコレートグラミー

過保護な祖母に育てられ、毎日学校の送り迎えをされていた近松晴子

晴子がいじめられると鬼のような形相で近づき、こてんぱんにすることで児童たちに恐れられていた

そのことをクラスメイトの男子にからかわれ、怒った晴子が相手の男子を殴りつけた

同じクラスメイトの啓太はその様子を晴子が孵化したと形容した

それまで何を言われても黙って、うつむいていた晴子には考えられない変貌だったからだ

やっとの思いで勝ち取った新聞配達のアルバイトをしながら、夏休みに入ってから

そのことを何度も思い出していた

 

他3編収録

 

===

感想

全てが、サチコを中心とする関係性の人々が描かれていて繋がる短編集

きれいに収まったなぁ上手いなぁという印象

 

中には危うい話もあったけど、それも最後はハッピーエンドでほっとした

概ねいい話

婚約者がいて、人ところに留まることが出来ない衝動を押さえていた女性の話がなんともいえない

ダンプカーが好きで眺めているところに男性が声をかけてきて仲良くなるんだけど

そっちの男性と結婚するのかと、ひやひやした

でも普通になりたかったという女性はその男性の誘いを断った

衝動を抑える方法と引き換えにして

なんとも不思議な話

 

子どもを何度も流産したことから、夫に暴力を振るわれ

ついには死まで考える女性の話が辛かった

怪しい男性に助けられて、事なきを得たけどその後も暴力は続くし

その怪しい男性には夫を殺せと言われるしで

ひやひやした

でもそこからの挽回はほっとした

最後はハッピーエンドで、晴子も出てきて

ここであの時の人がこの人かーと感心した

店主弓子の家族の回顧録(活版印刷三日月堂 空色の冊子 ほしお さなえ)

活版印刷三日月堂 空色の冊子 (ポプラ文庫)

活版印刷日月堂 空色の冊子 ほしお さなえ

 

活版印刷日月堂番外編

店主弓子の家族の回顧録

 

あらすじ

7つの短編集

 

ヒーローたちの記念写真

映画ライターの片山が、自身が雑誌に載せていた連載小説「我らの西部劇」を本にしようと仲間の出版社勤務・杉野に依頼をしていた

だが、今の御時世、西部劇など流行るはずもなく、一度は却下されており二度目の挑戦だった

杉野から連絡があり、また駄目だったんだろうと思いながら待ち合わせの喫茶店へ向かう

待っていた片山に告げられたのは、また失敗したという杉野の言葉だった

それは流行りではないというだけではなく、片山が問題を起こして辞めた月刊キネマトグラフの販売部と部長が親しかったからだった

せっかくだからと行きつけの古書店に杉野を誘った

そこで不意に評判の良かった名刺を作っている三日月堂の親父さんのことを思い出して・・・・

 

星と暗闇

日月堂店主・弓子の両親の出会いの話

修平は幼い頃祖父に星空を見に山へ連れて行ってもらった

以来、宇宙のことを考えるようになる

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に出会い、山の上でみた星空を思い出した

それから宮沢賢治にハマり色々読みだした

次第に天文学にも興味を持ち始め、進路もそちらに進みたかったが理系が得意ではなく

国公立大学教育学部なら天文学の研究室もあるところがあるかもしれないと言われ、そちらに進学した

卒業後公立高校に就職した頃、同じ学校に村田カナコという国語教師が入ってきて・・・

 

===

感想

もう、みんな亡くなってるって分かってたけど

お母さんとか亡くなる場面はやっぱり辛い

弓子さんがお父さんを亡くして、祖父の三日月堂に取り敢えず生きるために移り住んだ

ってあって確かに、最初は舞い込んできた依頼をこなしてたなーって思った

そういう思いがあったんだーとなんだか切なくなった

 

短編の中では表題の空色の冊子が好き

幼い弓子さんと祖母の会話とか、雰囲気がいい

テキンではじめて作った制作物がレターセットだったんだね

それ、本編でも書かれてたけど、それにまつわる話が読めて嬉しい

 

カナコの友達裕美の話が切なくて悲しい。

親の勧めのまま結婚して、子供を生んで育ててたけど

夫とはすれ違ったまま

浮気されて続けて、修復不可

そんな日常が読んでて辛かった

でも最後ちょっと前を向けて希望が見えた気がした。

 

みんないずれは亡くなるものだけど

弓子さんの両親、亡くなるの早すぎる

そりゃ、生きてさえいればって気持ちになって当然だよ

友達の唯がいてくれてよかったって思う

でないと、ひとりで頑張ってひとりで辛くて

吐き出せなかったと思う

そんな弓子さんが幸せになっていると今は知ってるから

頑張ったなーと思う

続く短編では未来編だという

ほしおさんのお知らせには、4巻の続きではないと書かれていますが

はて、どんなお話でしょうか

 

アンの大学生活とアンの恋模様(アンの愛情―第三赤毛のアン モンゴメリ)

アンの愛情―第三赤毛のアン (新潮文庫)

アンの愛情―第三赤毛のアン モンゴメリ

 

シリーズ3作目

アンの大学生活とアンの恋模様

 

あらすじ

レドモンドへ行くことになったアン

ダイアナとの別れを惜しんだ後

ギルバートと会う

そして橋で手を握られ、目が淡褐色から深い黒味を帯び、何かを言おうとした時

アンはギルバートの手を振り払ったのだった

 

レドモンドへとたつ最後の晩歓送会が開かれ

アンはチャーリースローンにひどくうんざりさせられていた

その後、ギルバートがアンの元を訪れひとときを過ごした

 

旅立ちの日、デイビーは泣いて嫌がりとうとう姿を見せなかった

レドモンドへ行く船の中で、アンは早くもホームシックにかかっていた

到着したアンを待っていたのはプリシラで、一緒に下宿先へと行った

下宿先の小母さんは双子だったのでアンは双子に縁があると考えた

 

レドモンドで学生としての登録を済ませると

アンとプリシラはオールドセントジョン墓地へと駆り出した

そこでフィリパ・ゴードンという優柔不断だが素敵な美女と出会い・・・

 

===

感想

良かったー良かったよ(泣)ハッピエンド万歳!!

一時はどうなることかと思ったよ、ギルバートの告白を無下にして断るなんて。

確かにあの時点ではアンはギルバートへの想いがなんなのか育ってなかったし気付いてなかったから。

ロイに結婚を申し込まえて、イエスと答えるだろうなんて書いてあったからてっきり、ロイと結婚するのかと思った。それにギルバートだってクリスチンと婚約するって噂があったし。

なんにせよよかったー一安心

 

瞳の色が濃くなるのって比喩かなー

それとも実際にそうなるのかなー

どちらにせよ、好きな人を見つめる時にそうなるってなんだか素敵

きゅんきゅんする

今回のアンの愛情は、ほとんどアンの学生生活だったけど

ちょいちょいギルバートのアプローチがあってその度にきゅんきゅんしてた

やるね

でもアンがギルバートの告白を断ってから

すれ違いみたいになって

アンがロイに恋をしているとき、絶対違うこれは違うって違和感ありまくりだった

だからアンがギルバートへの愛を自覚した時、よかったーっと安心した

こうでなくっちゃとも思った

映画では腸チブスにかかったギルバートをアンが見舞ってたけど、原作ではロイにメロメロしてた悔いがあるから行かないって言ってた

どんな想いだったろうアンよ

でも奇跡的に助かったギルバートは、なんとフィリパのもうひと押ししなさいという手紙を読んで元気になった

サンクスフィリパ!万歳、ナイス!

君のことを一瞬でもギルバートを奪うような女かもと思って悪かったよ

でめでたく二人の間に流れてた誤解やすれ違いも無くなってくっついた

次巻はラブラブかなー?

 

で、もう一方のアンの大学生活

パティの家という可愛らしい家にフィリパとプリシラとジェーンと暮らしはじめて

まだこの時完全にフィリパを信用してなかった

でもギルバートの告白を断ったアンに対しての態度や

後にジョナスと恋に落ち結婚したときにはもうフィリパという女性を信用してた

だって金持ちじゃないと結婚しないと言っていた、崇拝者も多かったあのフィリパが

貧乏暮らしをする神父と結婚するなんて

でも悪い子じゃなかった

崇拝者たちを疎かにはしなかったし、多分恋したことなかったろうからそうなったんだろうし

 

それでダイアナ

結婚して一足先に赤ちゃんまで生まれて

2度見したからね、その文を

驚いた、いつの間に

父親似ってところがなんとやら

 

あとは、20年も待たせ続けたジャネットとジョンの恋模様

母親の意地悪、底しれぬ

息子が結婚するのを許さないなんて、なんて酷い

妬みかしら

やっと結婚できてよかったねジャネット

やっと報われる

ラベンダー夫人もジャネットも、長年報われなかった恋が実るのがモンゴメリ好きなのかしら

ギルバートもあの石板叩かれたときから好きって言ってたしww

 

アンは生家を訪れることが出来て

それもフィリパのおかげだったけど

両親の手紙を貰えて、良かったねアン

唯一の形見だ

きっと大事にするだろう