広く浅く

広く浅く

本の感想。ジャンルは文芸・ファンタジー・SF・ミステリ。ほのぼの系が好き

広く浅く

読みやすく面白い実話(出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田 菜々子)

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田 菜々子

実話

 

あらすじ

夫と離婚しようとしている女性が、一人暮らしをはじめて

Xという出会い系サイトに登録

10年間ヴィレッジヴァンガードに務めている経歴を活かし

本好きのため出会った人におすすめの本をすすめていく話

 

最初のうちは本当に、やるかやらないかみたいな目的の人が出てきたが

そういう人を見分ける方法を同性の女の子に教えてもらい

避けるようになってからは、まともな人と出会って話をして本をすすめるということをしていた

 

だけど完璧にとはいかず

中には、こちらに興味を持っておらず話が続かない人でその人のことがわからず

本が勧めにくかった出会いや

出会った時は普通だったのに、後から自分が主人公のポルノ小説を読まされて感想を聞いてくる男性もいた

 

そんな出会の中で

人脈を構築し、友人も増え

新たな仕事を探すまでの1年間を描いたエッセイ

 

===

感想

なんか出会い系サイトというからもっとやばめな内容を想像していたけど

案外まともな人が出てきたから驚き

 

男女の友情は成立する(このエッセイにおいては)

やるかやらないか自由に選択できるけどしないという状態で

いつでもやれるという保険を効かせておいての友情

 

その道に詳しい人にすすめる本は難しそうだった

どれも読んでたから

それに相手に興味がない人も

何しにきたの?って感じだったな

 

それでも小さな書店に就職して

このエッセイが連載されてた当時、はるばる新潟だっけ?やってきたファンのひとにすすめた話が印象に残る

こういう出会もあるんだなってほっこりというかしんみりというか

複雑な感情

 

自分が主人公のポルノ小説を送ってきた人は確かに嫌気がさすね。

中にはそういう変態もいるということだ

そりゃそうだよなー

千差万別

 

でも1年もやり切って凄いなぁと単純に思う。

人見知りだったら出来なかったチャレンジだね。

海にまつわる短編集(夜空に泳ぐチョコレートグラミー 町田 そのこ)

夜空に泳ぐチョコレートグラミー

夜空に泳ぐチョコレートグラミー 町田 そのこ

海にまつわる短編集

 

あらすじ

カメルーンの青い魚

お団子を啓太と食べてる時に、差し歯が取れた

なぜ差し歯になったかと問われると、昔けんかを止めた時に折ったのだという

けんかとは無縁そうなサチコに驚く啓太

サチコはその時を回想した

2つ年上の幼馴染、りゅうちゃん

けんかをしていて、相手がそれ以上殴ったら死んじゃうかもと思って止めに入ったサチコ

それ以来サチコの前ではけんかをしなくなり、さちこからも遠のいていった

 

夜空に泳ぐチョコレートグラミー

過保護な祖母に育てられ、毎日学校の送り迎えをされていた近松晴子

晴子がいじめられると鬼のような形相で近づき、こてんぱんにすることで児童たちに恐れられていた

そのことをクラスメイトの男子にからかわれ、怒った晴子が相手の男子を殴りつけた

同じクラスメイトの啓太はその様子を晴子が孵化したと形容した

それまで何を言われても黙って、うつむいていた晴子には考えられない変貌だったからだ

やっとの思いで勝ち取った新聞配達のアルバイトをしながら、夏休みに入ってから

そのことを何度も思い出していた

 

他3編収録

 

===

感想

全てが、サチコを中心とする関係性の人々が描かれていて繋がる短編集

きれいに収まったなぁ上手いなぁという印象

 

中には危うい話もあったけど、それも最後はハッピーエンドでほっとした

概ねいい話

婚約者がいて、人ところに留まることが出来ない衝動を押さえていた女性の話がなんともいえない

ダンプカーが好きで眺めているところに男性が声をかけてきて仲良くなるんだけど

そっちの男性と結婚するのかと、ひやひやした

でも普通になりたかったという女性はその男性の誘いを断った

衝動を抑える方法と引き換えにして

なんとも不思議な話

 

子どもを何度も流産したことから、夫に暴力を振るわれ

ついには死まで考える女性の話が辛かった

怪しい男性に助けられて、事なきを得たけどその後も暴力は続くし

その怪しい男性には夫を殺せと言われるしで

ひやひやした

でもそこからの挽回はほっとした

最後はハッピーエンドで、晴子も出てきて

ここであの時の人がこの人かーと感心した

店主弓子の家族の回顧録(活版印刷三日月堂 空色の冊子 ほしお さなえ)

活版印刷三日月堂 空色の冊子 (ポプラ文庫)

活版印刷日月堂 空色の冊子 ほしお さなえ

 

活版印刷日月堂番外編

店主弓子の家族の回顧録

 

あらすじ

7つの短編集

 

ヒーローたちの記念写真

映画ライターの片山が、自身が雑誌に載せていた連載小説「我らの西部劇」を本にしようと仲間の出版社勤務・杉野に依頼をしていた

だが、今の御時世、西部劇など流行るはずもなく、一度は却下されており二度目の挑戦だった

杉野から連絡があり、また駄目だったんだろうと思いながら待ち合わせの喫茶店へ向かう

待っていた片山に告げられたのは、また失敗したという杉野の言葉だった

それは流行りではないというだけではなく、片山が問題を起こして辞めた月刊キネマトグラフの販売部と部長が親しかったからだった

せっかくだからと行きつけの古書店に杉野を誘った

そこで不意に評判の良かった名刺を作っている三日月堂の親父さんのことを思い出して・・・・

 

星と暗闇

日月堂店主・弓子の両親の出会いの話

修平は幼い頃祖父に星空を見に山へ連れて行ってもらった

以来、宇宙のことを考えるようになる

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に出会い、山の上でみた星空を思い出した

それから宮沢賢治にハマり色々読みだした

次第に天文学にも興味を持ち始め、進路もそちらに進みたかったが理系が得意ではなく

国公立大学教育学部なら天文学の研究室もあるところがあるかもしれないと言われ、そちらに進学した

卒業後公立高校に就職した頃、同じ学校に村田カナコという国語教師が入ってきて・・・

 

===

感想

もう、みんな亡くなってるって分かってたけど

お母さんとか亡くなる場面はやっぱり辛い

弓子さんがお父さんを亡くして、祖父の三日月堂に取り敢えず生きるために移り住んだ

ってあって確かに、最初は舞い込んできた依頼をこなしてたなーって思った

そういう思いがあったんだーとなんだか切なくなった

 

短編の中では表題の空色の冊子が好き

幼い弓子さんと祖母の会話とか、雰囲気がいい

テキンではじめて作った制作物がレターセットだったんだね

それ、本編でも書かれてたけど、それにまつわる話が読めて嬉しい

 

カナコの友達裕美の話が切なくて悲しい。

親の勧めのまま結婚して、子供を生んで育ててたけど

夫とはすれ違ったまま

浮気されて続けて、修復不可

そんな日常が読んでて辛かった

でも最後ちょっと前を向けて希望が見えた気がした。

 

みんないずれは亡くなるものだけど

弓子さんの両親、亡くなるの早すぎる

そりゃ、生きてさえいればって気持ちになって当然だよ

友達の唯がいてくれてよかったって思う

でないと、ひとりで頑張ってひとりで辛くて

吐き出せなかったと思う

そんな弓子さんが幸せになっていると今は知ってるから

頑張ったなーと思う

続く短編では未来編だという

ほしおさんのお知らせには、4巻の続きではないと書かれていますが

はて、どんなお話でしょうか

 

アンの大学生活とアンの恋模様(アンの愛情―第三赤毛のアン モンゴメリ)

アンの愛情―第三赤毛のアン (新潮文庫)

アンの愛情―第三赤毛のアン モンゴメリ

 

シリーズ3作目

アンの大学生活とアンの恋模様

 

あらすじ

レドモンドへ行くことになったアン

ダイアナとの別れを惜しんだ後

ギルバートと会う

そして橋で手を握られ、目が淡褐色から深い黒味を帯び、何かを言おうとした時

アンはギルバートの手を振り払ったのだった

 

レドモンドへとたつ最後の晩歓送会が開かれ

アンはチャーリースローンにひどくうんざりさせられていた

その後、ギルバートがアンの元を訪れひとときを過ごした

 

旅立ちの日、デイビーは泣いて嫌がりとうとう姿を見せなかった

レドモンドへ行く船の中で、アンは早くもホームシックにかかっていた

到着したアンを待っていたのはプリシラで、一緒に下宿先へと行った

下宿先の小母さんは双子だったのでアンは双子に縁があると考えた

 

レドモンドで学生としての登録を済ませると

アンとプリシラはオールドセントジョン墓地へと駆り出した

そこでフィリパ・ゴードンという優柔不断だが素敵な美女と出会い・・・

 

===

感想

良かったー良かったよ(泣)ハッピエンド万歳!!

一時はどうなることかと思ったよ、ギルバートの告白を無下にして断るなんて。

確かにあの時点ではアンはギルバートへの想いがなんなのか育ってなかったし気付いてなかったから。

ロイに結婚を申し込まえて、イエスと答えるだろうなんて書いてあったからてっきり、ロイと結婚するのかと思った。それにギルバートだってクリスチンと婚約するって噂があったし。

なんにせよよかったー一安心

 

瞳の色が濃くなるのって比喩かなー

それとも実際にそうなるのかなー

どちらにせよ、好きな人を見つめる時にそうなるってなんだか素敵

きゅんきゅんする

今回のアンの愛情は、ほとんどアンの学生生活だったけど

ちょいちょいギルバートのアプローチがあってその度にきゅんきゅんしてた

やるね

でもアンがギルバートの告白を断ってから

すれ違いみたいになって

アンがロイに恋をしているとき、絶対違うこれは違うって違和感ありまくりだった

だからアンがギルバートへの愛を自覚した時、よかったーっと安心した

こうでなくっちゃとも思った

映画では腸チブスにかかったギルバートをアンが見舞ってたけど、原作ではロイにメロメロしてた悔いがあるから行かないって言ってた

どんな想いだったろうアンよ

でも奇跡的に助かったギルバートは、なんとフィリパのもうひと押ししなさいという手紙を読んで元気になった

サンクスフィリパ!万歳、ナイス!

君のことを一瞬でもギルバートを奪うような女かもと思って悪かったよ

でめでたく二人の間に流れてた誤解やすれ違いも無くなってくっついた

次巻はラブラブかなー?

 

で、もう一方のアンの大学生活

パティの家という可愛らしい家にフィリパとプリシラとジェーンと暮らしはじめて

まだこの時完全にフィリパを信用してなかった

でもギルバートの告白を断ったアンに対しての態度や

後にジョナスと恋に落ち結婚したときにはもうフィリパという女性を信用してた

だって金持ちじゃないと結婚しないと言っていた、崇拝者も多かったあのフィリパが

貧乏暮らしをする神父と結婚するなんて

でも悪い子じゃなかった

崇拝者たちを疎かにはしなかったし、多分恋したことなかったろうからそうなったんだろうし

 

それでダイアナ

結婚して一足先に赤ちゃんまで生まれて

2度見したからね、その文を

驚いた、いつの間に

父親似ってところがなんとやら

 

あとは、20年も待たせ続けたジャネットとジョンの恋模様

母親の意地悪、底しれぬ

息子が結婚するのを許さないなんて、なんて酷い

妬みかしら

やっと結婚できてよかったねジャネット

やっと報われる

ラベンダー夫人もジャネットも、長年報われなかった恋が実るのがモンゴメリ好きなのかしら

ギルバートもあの石板叩かれたときから好きって言ってたしww

 

アンは生家を訪れることが出来て

それもフィリパのおかげだったけど

両親の手紙を貰えて、良かったねアン

唯一の形見だ

きっと大事にするだろう

日常ミステリ短編集(あなたに謎と幸福を ハートフル・ミステリー傑作選 宮部 みゆき他)

あなたに謎と幸福を ハートフル・ミステリー傑作選 (PHP文芸文庫)

あなたに謎と幸福を ハートフル・ミステリー傑作選 宮部 みゆき他

 

アンソロジー

日常ミステリ短編集

 

あなたの不幸は蜜の味ーイヤミス傑作選と対になる

 

あらすじ

割り切れないチョコレート 近藤史恵

ビストロ・パ・マルに訪れた客、二人の客は危うげな雰囲気を持っていた

取り乱すわけでもなく静かに泣いていた女性は、妹で

慰めるでもなく眺めていた男性が兄らしい

二人の会話によると、母が余命幾ばくかのガンなのに、兄が見舞いにすらやって来ないとこを責めていた

会計時、兄がシェフを呼んで文句を言ってきた

いわく、デザートに使ったボンボンショコラの味がまずいと

確かめてみたら、確かにチョコの味が前より落ちていた

しばらくして、雑誌にあの兄が載っていたことを見つけた金子さん

兄は有名チョコレート専門店<ノンブル・プルミエ>のオーナーショコラティエだった

 

鏡の国のアリス 加納朋子

探偵事務所をしている仁木順平

息子・航平に呼び出され話を聞くことに

航平には結婚を考えている女性由理亜がいるが、その女性がストーカーにつきまとわれて迷惑してるという

ストーカー田中朋子には航平から説得をしたが聞く耳を持たず、素敵な教会を見つけたとかウエディングドレスはどこのブランドがいいとかいい出す始末

航平と会ったあと、ふいに声をかけられて振り向くとそこには女性が立っていた

仁木順平さんですかと尋ねられた女性は由理亜だった

由理亜の部屋には田中が侵入したかもしれないので、一旦仁木の家で由理亜を預かることになるが・・・

 

次の日 矢崎存美

男・直之は久しぶりに我が家に帰ってきた。7年ぶりだろうか

だが、娘・穂波はいい顔をしない

母はいなかった

見せたいものがあるといい、ドアを開けた穂波に見せたのは散弾銃だった

母はどこへ言ったという直之に旅行へ行ったという穂波

帰ってきてもらえ、話があるという直之

見せたいものがあるから入れたのに、と玄関へかけだす穂波

そこへ直之が上に向かって銃を発射

しばらくして、電話がかかってくる

穂波が出たが、直之に代わって欲しいという

でた直之に聞こえてきたのは、警察の山崎という男の名前だった

 

他2編を収録

 

===

感想・ネタバレ

アンソロジーでは大抵知らない作家さんがいたりするんだけど

今回は皆知っていた。珍しい。嬉しくなる

 

ハートフルミステリーとあってどれも読了感はいい。

中でも一番良かったのは近藤史恵さんの作品。

何故チョコの数が素数だったのか理由が泣かせる。

 

加納さんは見事はめられたというか

スリードされた

仁木と同じ結論に至った

だって、怪しいじゃん

後をつけてたのか知らないけど、蕎麦屋で声かけられるって

でもそれが喫茶店で働いてたからって事実があるから不自然ではないのかな

舌っ足らずな話し方も、補聴器をつけてたからで

ハリネズミのことを気にしなかったのは、仁木の妻のねずみ嫌いを知っていたからだってこと

 

矢崎さんは

なんか微妙な気分になった

なにをして7年振りだったのかが気になるところだけど

許せるかなーって

まぁ男女の話だから、理解出来なくてもいいんだけど

妻、懐深いというか情があるんだろうか

解説で編集の細谷さんが、終わりのささやかな希望に満ちたラストで

このハートフルミステリーに入れたってあったけど

んーーどうだろう

 

大崎さんは

問題の中心人物の女性徒が友達を思ってしたことの勇気というかむちゃぶりに驚く

だって、瓶を投げてその真下にいて、気絶する

ということを思いついてやっちゃうっていう実行力

下手したら死んでてたかも知れないのに・・・

よくやったわ

 

宮部さんは

時代を感じるトリックというか

題材にしたね

駅の伝言板って最近見かけない

懐かしさを感じる

それで、宮部さんと言えば子どもを扱ってるイメージが強くて

大人の人だったから珍しいなーという印象

この話も結構好きかも

若だんなと栄吉の成長(おおあたり しゃばけシリーズ 15 畠中 恵)

おおあたり しゃばけシリーズ 15

おおあたり しゃばけシリーズ 15 畠中 恵

 

シリーズ15作目

若だんなと栄吉の成長

 

あらすじ

おおあたり

三春屋に修行に出ていた栄吉が作った辛いあられ

栄吉にしては珍しく美味しいあられ、それを若だんなが機転をきかせて長崎屋で売り出した

そしてしばらくした後辛あられは評判になり、次の新しい味を作ることに

試作品を若だんなに味見して欲しいと持ってきたあられ

だが、何者かが先にその試作品と全く同じあられを売りに出したのだという

しかも粗悪品が混じっていたりした物があったのだと

そこで日限の親分に調べてもらうことに

 

長崎屋の怪談

夏の暑さが辛い頃、若だんなも例にもれず暑さにまいっていた

すると噺家の場久がひんやりする怪談でも語りましょうと言ってくれた

人の悪夢を食べるバクである場久の怪談なら怖いに違いないと皆が集まり聞くことに

その怪談で語った内容と同じ状況になり、何者かに追われているという場久

日限の親分に調べてもらうことしたが、日限の親分が逆に岡安同心に追われているという事態に

一体どうなっているのか

 

はてはて

貧乏神の金次がお使いで菓子を買った帰り、ふいに飛び出してきた人物にぶつかり

菓子が台無しになってしまう

菓子の代金の代わりにと富突の富札をもらう

それが後に500両の当たりであることが判明

しかし、当たりの富札が3枚も出てしまったという

2枚しか出ないはずなのにおかしいと、富札を出していた増上寺の世話役に寺に来て欲しいと呼ばれた

高い富札をおいそれと渡すようじゃ自分のもらった富札が偽物に違いないと金次は放棄することを伝える

が、そんな訳にはいかない、どれが偽物かきっちり調べると言いはる世話役

一旦家に戻った金次達を待っていたのは、三人の女達で・・・

 

あいしょう

若だんなが5歳の頃の話

仁吉と佐助がはじめて若だんなと出会う

初顔合わせを済んだ3人

しばらくして再び様子を伺ったときには若だんなが居ず

屏風のぞきが一部始終を見ていた

なんと若だんな、しゃぼん売りの方へ行ってしまい帰ってこないのだという

急いで探すが辺りには居ない

そんなに早く行方がわからなくなるなんて、妖の仕業かもしれないと仁吉は思った

だがその矢先、子供のことで喧嘩をしている夫婦に出会う

若だんなともうひとりの子どもがはぐれていたので助けたのだという

若だんながいる場所に行ってみるともぬけの殻で・・・

 

暁を覚えず

長崎屋の仕事をしたい若だんな

父の籐兵衛から仕事の手伝いをしないかと話を受けていたが、ことごとく病にかかり出来ずに居た

ある時、大貞親分が藤兵衛に頼みをしてきた

お客をもてなしたいのだがなにか案はないかと

芝居や盛り場にもよく行く御仁だったので案を練る若だんな

そこで海に出て漁を体験し、捕まえた魚を料亭で食べるという案を提案した

そのお客と一緒にもてなす際に若だんなも一緒に来ないかと言われたが

また病気になってしまわないかと思った

そこへ猫又の薄墨が暁散という薬を持ってきた

いわく、一晩寝付くが、起きたら一日は元気に過ごせるという

はて、効果の程は・・・・

 

===

感想

数年ぶりに読んだけど

安定の面白さ

栄吉は辛あられなんて上手いものを上手に作って話題になった

饅頭は相変わらずだけど

だけどさ、許嫁が他の男に惚れちまうとは

まだ修行をしたいという栄吉にはまだ早いのかな、お嫁さんもらうの

でもちょっとかわいそうだった

 

若だんなはいつまでも寝てるだけじゃなくて

事件を解決したり

父の仕事の手伝いをしたりと

ちょっと成長したかなー

幼い頃の若だんなの様子が知れて嬉しい

ちっちゃい頃から問題を連れてくるというか、問題がやってくるというか

だから仁吉と佐助も最初はなんでこんなやつと、俺一人でやっていけると思っていたけど

実情を目にしてこれは我らがお守りせねばと使命感を新たにしたのではないかと思う

 

そうかー仁吉と佐助は妖で千年も生きてるから

姿かたちを変えるのも容易なのかー

最初から兄やの感じかと思った

そりゃそうだよなー年取らないと変だもの

おじいさんの伊三郎は妖が見えるんだったか

そういえばそうだったな

はっきりと幼い若だんなにも二人が妖だと言ったし

きちんとしてるな

アンモナイトが導く糸口(鎌倉うずまき案内所 青山 美智子)

鎌倉うずまき案内所

鎌倉うずまき案内所 青山 美智子

 

アンモナイトが導く糸口

 

あらすじ

令和から昭和へと戻っていき、最後はもとに戻る短編集

希望した男性誌に配属されず、女性誌に配属されてはや6年

早坂は会社を辞めたいと思っていた

黒祖ロイドという作家のインタビュー記事を書くために古民家カフェ「メルティング・ポット」に来た早坂達

待っていたロイドがたばこを切らし、買ってくることを自らが言い出してカフェを出た

だが、道に迷ってしまう

閉まっていた時計屋の端に書かれた看板「うずまき案内所」を頼りに階段を降りていく

ぐるぐると階段を降りていく、壁の色もだんだんと青濃くなっていきたどり着いたのは

一面濃紺のスペースだった

そこには双子の老人が居た。自らを外巻・内巻と名乗り、前髪ともみあげがそれぞれ外巻と内巻だった

「はぐれましたか?」と問われ

自らの悩みを打ち明ける早坂

それを聞いていた老人は「ナイスうずまき」と言い、壁に掛かっていた巻貝が動き出す

それはアンモナイトだった

そのアンモナイトによると「変化を恐れず味方につけよ」と言っている

わけも分からずうろたえる早坂に、老人はかめのぞき色の甖を早坂に見せる

覗き込むと何故か蚊取り線香が浮かび

それが早坂を助けるアイテムになると老人は言う

お帰りはこちらと、うながされるまま帰らされる早坂に目に止まったのは「困ったときのうずまきキャンディ」だった

一人一つずつというので一つもらって帰る

随分時間が経っていたのに、戻ると時間は経っていなかった

そして辞める原因ともなった上司と話した時

意外な思いを知って・・・

 

===

感想

いやー良かった

読む前から、これは良さそうと思ってた

読書メーターで感想を見ていたから

でも良かった

何が良かったって、特に3話感動して泣いちゃった

2話はゾワッてした、いい意味で。こう繋がるのかーって感心した

 

ひとりとして脇役がいなくて、誰もが話の中心人物になって

この話でちらって出てたあの人がこの話では主人公でってのがあった

上手く出来てる

令和から昭和へ、昭和から令和へバトンがキレイ

話の繋がりもキレイ

 

アンモナイトが所長で預言者だけど、口頭で伝えるおじいさんが預言者なのかな

一回だけ、アンモナイトの訳でああでもないこうでもないと双子のおじいさんが言い争ったけど

あれはどっちでもいいという受け取り方かな

結果的にいうと、あの女性の心を映し出してたのではないのかなーと思う

でもロイドの本を読んで、怖がっていたことに気付いて、無事前に踏み出せて本当に良かった

 

不思議系かな

どの話にも登場する、いつも閉まってる時計屋さん

あれがタイムマシン?

年を取らないおじいさんたちとアンモナイトの家

舐めたら何かが起きるうずまきキャンディ

 

初読みの作家さんだけど、他の作品も読んでみたくなった

おすすめです