広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

純愛モラトリアム 椰月美智子

様々な年代・職業の人々を主人公にした恋愛短編集

 

なんだろう、モテる人はズルイと思う。

軽い気持ちで人の心をもてあそんで。

気軽い同士ならいいかもしれないけど、片方が本気なら悲しいし悔しい。

前半、「やさしい太陽」と「オオタニくんの不覚」の感想。

 

後半は「妄想ソラニン」で、あるあるこんなこと、と思い

「1Fヒナドル」「アマリリス洋子」あたりでこれこそ純愛だなぁと思った

「菊ちゃんの涙」は、ちょっと行き過ぎたキャラだったんじゃないかなぁ

という感想

 

モラトリアムというのは「一時停止」とか「猶予をあたえること」を意味する

ので純愛モラトリアムは、純粋な愛を一旦止めること、という解釈・・・かな?

 まぁ確かに、純愛とは一味違う短編集でした

 

純愛モラトリアム

純愛モラトリアム