読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く

色んな事をつらつらと 本の感想をネタバレ含めて書いてます

ルリユール 村山早紀

読書 村山早紀

ルリユール、それは本を修復する人

不思議な魔女と呼ばれた人と少女の話

 

あらすじ

中学1年生の瑠璃は夏休み、祖母の家に一足先に遊びにやってきた

しかし、肝心の祖母は階段から落ちて入院中

そんな折、祖母宅で不思議な夢を見る

怪しげな洋館で真っ赤な髪をした女性と出会う

実際洋館があった場所に行ってみると、そこはルリユールの工房になっていた

どんな状態の本でも元通りにしてみせるというクラウディア

それは魔法としか言いようのない修繕方法だった

 

感想

魔法、それは素敵な言葉

人の手によって修復する本は限界がある

それが魔法で元通りに出来たらなんと素晴らしいことか

またそれだけではなく、文庫本を装幀し直す技術

第二章『星に続く道』に出てくる本たちがキラキラした目線で描かれていること

本好き、装幀も含めて本が好き、むしろ本を選ぶ基準は装幀かも

な私にはときめくポイントだったりする

 

魔法と言っても、本を修復する上での知識や技術はあった上で

どうしても人の手では出来ない部分を、魔法と呼ばれる方法で行ってたかも・・・?

という印象

 

まだまだ、掘り下げていけそうな部分はたくさんあると思うので

『ルリユール』の続編があるなら読みたい

 

 

ルリユール (ポプラ文庫ピュアフル)

ルリユール (ポプラ文庫ピュアフル)